鈍色のすたるじぃ

Home > ブログ > 雑記

ミスタードーナツの新しくなったダブルチョコレートが美味しすぎて困っています。という話と番外編について。

タイトルで、全てを語りつくしてしまいましたがw
先日、一番近くにあったクリスピークリームドーナツが潰れちゃったんですよ(涙)
私ドーナツがとっても好きで、次に生まれ変わるときは、アメリカの警察官になりたいぐらいなんです(←映画の見過ぎ)
で、ミスドも好きだったのですが、クリスピークリームドーナツが出来てからは、オリジナル・グレーズドをあっためて食べるというのが一番好きになり、それなりに買いに行っていたんだけど……。といっても月に二~三回ぐらい^^;
いつもお客さんいなかったので、嫌な予感はしていましたが、先日行ったら潰れてました(涙)
もう、食べるには電車に乗らなければいけないはめにー;

そのあたりに、丁度ミスドのオールドファッション系とチョコレート(って名前だっけ;)が値上げついでに、生地を見直して美味しく生まれ変わったというのを聞いて、早速食べて見ました。

やだ、なにこれ、おいしい!!!

実はさほど期待していませんでした。元から美味しかったし、きっとそんなに変わらないだろうと。でも明らかに違ってました。オールドファッション系の変わり%は20%ぐらいですが、ダブルチョコレートは70%ぐらい美味しくなっています。
前のは、ドーナツだなー。美味しいなー。太るなー。って感じが、今は、これはケーキなのでは?しっとりしてる!太ってもイイ!ぐらいに変わりました。
食べていない方は是非挑戦してみて下さい。

……と、まるでミスドの回し者みたいになっていますが。
本当に美味しいから^^

さて、創作では、昨日から、澪と椎堂が一次日本に帰省した時の番外編を書いています。本編05で、病室内で二人がしていた会話、覚えている方がいらっしゃるかわかりませんが。
椎堂が「澪の育った街を一度見て見たい」という台詞があるのです。
簡単に纏めれば、それが念願叶って一緒に行くというような話です。
サイトでアップするか、今度の同人誌の書き下ろしとして載せるかはまだ決めていないのですが……。書き終えた長さによって決めようと思っています。

同時進行で「プレ07」の話も書いていますが、そちらはサイトでの掲載が決定なので、少しのんびり目に書いています。締め切りがないですからね^^;

とりあえず、そんな現状報告でした。
それではまた次回♪



更新しました Little by Little完結

予定通り、本日『Little byLittle』第三話を更新しました。
本編とちょっと重なり気味な内容も含んでいますが、最後まで読んで下さると幸いです。
なんか……、久々の連載更新だったのにたった3話かよwって感じで物足りない感もあるとは思いますが^^;
これでも、文庫本だと一応70ページぐらいはあるのです(笑)
オンラインだとどうしてもボリュームに欠けるような気がしちゃいますよね。
短くても読後に満足して頂けるような筆力を身につけれるよう今後も頑張りたいと思います♪


ここからは雑談です。
先日ふと思ったのですが、一次創作のBL小説って登場人物が大事だなぁと。
いや、BL小説に限らず、恋愛小説すべてにおいて言える当たり前の事で、今更なにいってんだって感じですが……。
特に登場人物のキャラ立ちが一次のBL小説では重要なんだなと感じています。

普段、自分の恋愛以外って、さほど興味が無いじゃないですか?
それは友人だったり身近な人だと、話を聞いて応援しようと思ったり一緒に悩んだりはあるとは思いますが。
赤の他人の恋愛事情に関して言えば、ぶっちゃけ「どうでもいい」と思うのです。
だけど、二次創作も同じですが、好きな彼が出てくる小説だと「幸せになってほしい」とか「結ばれて欲しい」とか。
両思いになれば一緒に喜び、すれ違えばもどかしく思いつつも見守り。
その二人を応援したくなりますよね。

でも、私は時々商業の小説を買った時に、なんの感情も湧かないときがあります。
アマゾンとかで表紙を見て、好きな外見の彼らだから買ったにもかかわらず(表紙買い?w)
読んでいくと、攻めも受けもさほど興味を引かれない性格だったり、下手すると苦手な属性だったりと^^;
そういう場合、物語がいかに面白くても、そこを堪能できるまで辿り着けないです。
これって一次創作でも同じだなぁと。
作中の二人に興味が湧かなければ、別れようがすれ違おうが、「まぁ、仕方ないよね」で済むと言いますか。
赤の他人の恋愛を見させられている状態と同じになるからだと思います。

なので、BL小説は主役のCPの存在がめちゃくちゃ大切だと思うのです。
恋愛ドラマや映画では、その俳優さんが好きだから観るとかそういう理由もありますし、二次創作だと尚更キャラありきなので、推しキャラのCPだから読むというのがほとんどだと思います。全く同じストーリーでも、読むか読まないか、分かれ道は出てくる彼に興味があるかないかです。
極端に言えば、二次創作だと推しキャラが喋っているだけでも萌える場合もありますし(私)

そう考えると、一次創作は最初に登場人物になんの思い入れもない状態で読むわけですから、読んだ時に攻めか受け、もしくは脇キャラでもいいですが、誰か一人でも「好き」って思わない限り続きを読んで貰えないんだなぁと。
ハードル高いですよね;
自分の創作した彼達が受け入れられて、かつ先を読んでもイイと思って貰えるまでの過程ってとても長いです。
そこからさらに、話がつまらないと去られてしまうので、どんどん先細りに……;
仮に、ストーリーに自信があります!と宣伝した所で、登場する彼がのきなみ魅力が無かったらスルーされると思いますし……。
小説は絵と違って、読むのに時間がかかるのでまず「読んで貰う」スタート地点に立つのが大変です。

前置きが長くなりましたが(笑)←長すぎるにも程があるw
何を言いたいかというとw
時々ご感想を頂けるのですが、その中に○○ならこう言うと思った。とか、小説内の行動で「彼らしくない」行動だったから、わけがあると思ったら、やっぱり○○だったんですね。とか。
別のCPに置き換えて、例えば佐伯×晶の話のご感想で、澪と椎堂だったら、ここはこうなっていたんじゃないかという想像とか。
そういうのを頂く事があるのですが、それって凄く幸せな事だなって思うのです。
例えそれが二次で言う解釈違いであったとしても、解釈自体、読んで下さっている方の中にその彼の解釈が存在するという事ですから。
拙宅は、シリーズ内や中編短編で結構な数の彼達がいますが、その中の誰か一人でも興味を持って頂いて、その彼の恋愛を応援して貰えるというのは、とても光栄な事だなと最近つくづく感じております。

最近ちょっとそういう感覚を忘れていたというか、常に読んで下さって感謝しているという気持ちは勿論ありますが、
それでも、それが特別な事なんだという気持ちが薄れていたというか……。
少し、初心に返って反省したいと思うような出来事があったのです。
毎年行っている恒例のキャラクター投票も、あんなに沢山彼達を応援して下さっている方がいて。本当に有難いことです。
作者の私はどの彼も大切で可愛い物ですが、同じように感じて頂けるようにこれからも続けて行きたいと思いました。

真面目に長々と語った割には、支離滅裂な気もしますが……まとまりのない文章ですみませんw
これからもどうぞ宜しくお願いします。


それでは、次回更新で^^









過去のお話

今後の連載について、色々と悩んだり迷ったりしつつ気がつくと一日が終わっています。
先日、小説のデータを整理していたら、10年以上前の『俺の男に手を出すな』書き始め当時の番外編が幾つか出て来ました。

一応読んでみたのですが、もうね、自分で書いたとは思えないぐらいにキャラがブレブレなんですよ(笑)今でこそ、もう意識しないで書けますが、まだその頃は多少の迷いがあったのでしょう。
ありえない台詞にありえない描写。
それ以上に、文体も酷くて頭を抱えそうになりましたw
内容はね、今とさほど変わっていなかったです。私の嗜好が変わっていないのでそれは当然なのかもしれませんが……。

パラレル物も二本ほど書いてあって、一本はコメディ、一本は戦時中を舞台にした死にネタでした(苦笑)以前二次創作をしていた際に、同人誌を出していたのですが(それこそ20年前ぐらい;)
その時にも、当時の二次のキャラでのパロで戦時中の死にネタを本にしたんですよね。
本当はそういうのが大好きなんです(笑)
何度も書いているということで、セルフ焼き直しみたいなもんですが、よくこんなものを書けたな~と今は思います。
何故かというと、今はシリーズ中の誰か一人でも欠けるのが怖いから。
シリーズ終わっちゃうじゃないですか?^^;

その、書いていた過去の死にネタはパロディなので、その中で彼達の誰かが戦死しても、本編には全く問題ありませんが、それでも今それを加筆修正して書き直せるかというと難しいです。
ネタ的には大好きなので、全く別の読み切りとして話を書くことはできそうですけどね。
それでも……。
矛盾していますが、本当はそういうネタを書いてみたいという願望も少なからずあります。
最近コメディ寄りの甘い話を多く書いているので、どっぷりシリアスが恋しくなっているのかも知れませんね(笑)

もう一本のパラレルは、少しあとに書いたようで澪達も登場していました。
全員が同じ会社に勤めているリーマンパロです。
玖珂が役員で、椎堂が新人教育係、入社の面接にきた晶を、澪が無言で面接室に連れて行くという……。エレベーター内で一緒になった椎堂が突然澪の体調を心配し、おでこに手を当てたりして、晶がそれを見て心の中で「この会社なんなの!?」と驚きつつツッコむというシュールな話が序盤にありました(笑)
何が書きたかったのか全くわかりませんw
結構長く書いてありましたが、オチまでも辿り着いて折らずなげっぱなしで挫折した形跡がありましたw

過去の黒歴史とかよく耳にしますが、まさに黒歴史だなと自信を持って言える仕上がりでした(笑)


そうそう、これを話すのはもしかしたらサイトでは初めてかも知れないのですが……。
俺の男に手を出すなのいっちばん最初の設定は、佐伯は外科医で変わらずですが、晶はホストではなく俳優だったんですよw
芸能界物っぽい設定だったのですが、書き始める頃には、もうホストに決めてありました。
今思うと、もしホストではなく晶が俳優のままシリーズを書いていたら、LISKDRUGもないですし、お話は全く違った物になっていたと思います。
信二も売れない新人劇団員とかになっていたと思いますし、玖珂はきっと大手プロダクションの社長か何かで、澪はアイドルだったかも知れません。あんな塩対応アイドルもどうなんだとは思いますがw
佐伯は医者のままなので、椎堂も医者のままだとは思いますが……。
まだ、俺の言い訳彼の理由の存在も無かったので、あれですが、渋谷はそのままリーマンかな……。楠原は別のプロダクションの看板俳優とかになったのかも知れません。
芸能界にとんと疎い私が、芸能物を書けるとも思えませんが(笑)


晶も信二も楠原も、ホストで本当に良かったです(苦笑)
とりとめもなく、昔の想い出に浸りつつ、今夜はこの辺で。







コンポ買い換えの話

後4日でホワイトデーだというのに、一昨日までインフルエンザで寝込んでおりました。
予定が(T_T) 番外編が間に合わない可能性をヒシヒシと感じますが、もし過ぎちゃってもアップするので遊びにいらして下さいね。

さて、話は全然違いますが。
自宅のコンポが壊れて、新しいのに買い換えました。

若かりし数十年前は(笑)私、ケンウッド信者でして、当時の音響系はケンウッドで揃えていたのです。メタル系の曲を聴く場合、重低音が一番ズッシリくると思っていたんです。
しかし、家庭を持ってからは大音量で音楽を聴く機会も減り……。
同時に段々そう言う拘りも薄れてきてw

最初はパナソニックを購入しましたw
見た目が洒落ていたというので決めて、そうだなぁ……買ってから2年ぐらい?して、CDをいれる扉が壊れました。上下にアクリルの扉が自動ドアみたいに開く仕組みで、立ててCDをはめ込む形だったのですが、そこがね;CDをはめている途中なのに閉まってくるわけですよw
指は挟まるし、CDは途中なのでぶつかって傷つくしでwwでも、うまくはめこみさえすれば再生は出来たので、ごり押しで使っていたんです。
それから数年、ついに再生していても勝手に扉は開くし音はとぶしで、ついに新しいのを買う事に。
2代目はONKYOのちょっと高級な物を購入。
よく覚えていませんが、ONKYOは音が良いというのを当時きいて、昔の拘りがまた湧き出たんでしょう。ケンウッドの製品が高かったのでONKYOのCD・MDが聴けるシステムコンポにプラスして、ipodドッグ(同シリーズの別売り品)も買い良い買い物をした!と満足していたら……。
なんと一週間も経たないうちに壊れましたww
CDを読み込まず、シュルシュルいってるだけの状態が続き。流石に購入したばかりだったので販売店を通して無料で修理して貰ったら欠陥品だったらしく。新しい物と取り替えて貰いました。

そして一年後。ついにまた壊れましたwしかも同じ症状。
その時は一万ほど払って修理に出して直して貰い、それをつい先日まで使っていたんです。
まぁ……ここまでの予想通りですが。

ジワジワと故障していましてw
まずは、またまた同じ症状のCD読み込みエラー。10回に1回、機械の機嫌がいいと再生してくれる状態。MDつきですが、現在はもうMDとか過去の遺産で、私も全部捨ててしまったので聴けないので、唯一残された手段ipodにいれた曲をドッグへさして再生する←この方法のみで過ごしていました。

そして先週、ついにipodも認識しなくなってしまったのです。
USBポートもあったけど、それも何故か使えず……。説明書を読みまくって、最後の砦
『ノートパソコンを繋いで曲をコンポで再生する』これだけが出来ました。
そしてフと気付く……。
めちゃくちゃ面倒くさい!!!
CDをすぐに聴くためにコンポがあるのに、ノートPCを立ち上げてコンポと接続して音楽を聴くとか……。だったらもうデスクトップのパソコンかマックで音悪いけどそのまま聴いた方がいいんじゃない?となり今回の購入に至りましたw

私は、電子書籍もまだ手を出したことが無い上に、実は音楽もDL販売の物は買った事がありません。物が手元に欲しいんですよ。コレクター魂的にw
ATOKとか一太郎系のソフトも、ダウンロード版じゃ無くてパッケージ版を買う人ですw
なので、やっぱりCDが聴けないと嫌なので新調したわけですが……。

今回はSONYの物を買ってみました。
テレビもDVDデッキもPS4もSONYの物で使っているので、同じの方が良いかなとw
昔はソニータイマーなんて噂もあってSONYは一定の年数で壊れるとか言われていましたがとりあえず他のSONY電化製品は壊れていないので、今回も壊れないようにと祈りますw
iphoneとのBluetooth接続もしたし(多分使わない)ラジオもAM/FMとセットしたし(滅多に聴かない)快適音楽ライフを満喫出来そうです^^

今って安いし物もかなりコンパクトなんですね~。ONKYOコンポを置いてあった場所に新しい物を置いたら周りにもう4台ぐらい置けそうな隙間が出来ました。




周りが黒い家具ばかりでわかりづらいですが、真ん中に写っている箱のような物がそれですw
コンポでは無くて、一体型ですが、音はまずまずいい感じ♪
ハイレゾとか私の耳では聞き分けられそうに無いしこれで十分……;

それに、一番頻繁に聴くのはBLCDなので、結局PCでイヤホンで聴きますし(笑)


さて、体調も戻ってきたので番外編の続き頑張ります^^
それではまた次回。











もうすぐホワイトデーですね

二月は終わるのが早いのであと1日でもう終わり。
ほんと早っ!びっくりです!

折角なので、少し季節にあった更新をしたいなと思い立ち、現在番外編を書いています。


去年連載を終えた06→信二×楠原・晶と佐伯(友情出演)
去年のハロウィン→信二×楠原メイン ホスト組ALLキャラ
去年のクリスマス→澪×椎堂(投票結果により決定)
そして、つい先日まで連載していたのが玖珂×渋谷なので、まぁだいたいのCPは満遍なく書いてきているわけです。

バレンタインは終わってしまったので、今年は初の試みとしてホワイトデーの方に挑戦(?)してみようと思います。となると登場するのは必然的に限られてくるわけで……w
アップするまで、どのCPでくるのかなとちょっぴり楽しみにしていて下さると嬉しいです^^
今回はアンケートをとっている時間も無いのでもう書き始めているのでそれはまた今度に。

番外編って言うと、断トツで佐伯×晶が多いと自分では感じていたのですが、数えてみるとそうでもないですね。ネットにあげていない同人誌の番外編がいつも佐伯達だから余計にそう感じていたのかも知れませんw

更新関係なく、またブログも書きにきます~!
それではまた!




PAGE TOP