鈍色のすたるじぃ

Home > ブログ > ゲームの話 > ギターヒーロー3を無駄に熱く語る

ギターヒーロー3を無駄に熱く語る



ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック(ギターヒーロー専用ワイヤレスコントローラ同梱)(2008年5月下旬予定分)



ついに来ました!(といってももっと前に手元にあったんだけど、とりあえず(笑))
日本ではあまり馴染みがなく、KONAMIから発売されているギターフリークスの方がメジャーだったりするが、このギターヒーロー3、ROCKの本場海外ではメガヒットしているゲームなのである。今回【ギターヒーロー3】になって漸くお目見えしたこのゲームを早速ギターコントローラー同梱セットでゲット。
あまりの面白さに、毎日一人練習中だったりする。
やぁ…おかげで腱鞘炎気味だよ。マジで^^;

先ほども書いたKONAMIから出てるギターフリークスは左手の押す部分が3つだったのに比べて、ギターヒーロー3は5つ。それだけで難易度がめちゃくちゃあがっている上に、海外のゲームなので難易度がこれまた高い。余談だが、バイオハザード等のゲームも、海外版は日本のノーマルが一番易しいモードで、日本のようにEASY等はない。
ギターヒーロー3の大まかな弾き方は以下の通り↓






手持ちのギターコントローラーを携帯で撮影したので(汗)指紋つきまくり^^;(←拭いてから撮影しろ)こんな感じでガシガシ流れてくる楽譜をタイミングよく、色のボタン+バーで押してギターを弾いている気分に浸るという音ゲーである。モードは
EASY(色ボタン緑 赤 黄 のみ)
NORMAL(色ボタン 緑 赤 黄 青+スピードアップ+弾く場所数増加)
HARD(色ボタン 全色+さらにスピードアップ+さらに弾く場所数増加)
EXPART(色ボタン 全色+マッハスピードアップ+さらに弾く場所数大幅増加)
となっている。

まず最初の難関はと言うと…。
プラクティス(笑)まぁ、簡単に言えばEASYを始める前に練習するモードである。チュートリアルに値する練習モードが難関なんてありえん。という感じだが、これにはいくつか理由がある。
まず最初に驚くのが、
不親切さ!
こんなに不親切な…日本版を馬鹿にしたゲームはやったのは初めてである。
なにがそんなに不親切かというと、字幕がない(アイタタタ)これにつきる。
メニューからオンラインモードから練習に至るまで、英語英語英語(T△T) 私が英語が全然ダメだからっていうのもあるが、それにしても不親切。 一応練習モードの途中で、申し訳程度に簡単な日本語但し書きが出るが、もうね。わかんないよ。それだけじゃ(><)
というわけでペラペラの解説書を熟読し(これは一応日本語)体当たりで練習をし、何となく弾けるようになるしかないゲームなのだ。まぁ、でもだいたいわかるし、仕組み自体はSRPGでもないので簡単で、一度覚えれば戸惑うことは少ない。

そしてEASYでよーーーーし!!弾くぜとなり、ウキウキ始めると、次の難関にぶちあたる。このゲームは全8ステージで構成されており、1ステージに曲が4曲あり、そのうちの3曲をクリアすると次のステージに行く試験のようなBATTLEが発生する(1ステージおき)それをクリアするとめでたくアンコールとなり、それをクリアして次のステージへ行けるのだ。最初の敵(?)はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、次がガンズアンドローゼスのスラッシュという感じで、BATTLEに勝つと、そのキャラが使用可能になる。そのBATTLEがこれまた難しい^^;
普通に弾くのも難しい曲の途中に、相手からお邪魔ボール(実際はそんな名前じゃないけど;)がバシバシ飛んでくるし、こっちも相手を負かすためにお邪魔ボールを貯めては仕返ししなくてはいけないのだ。
お邪魔ボールの種類はいくつかあって、

★相手の弦を一本ぶち切るハサミ攻撃【Broken String】
(これにより、切られた弦で弾く色ボタンが操作不能になりミス連発になる。対処法は対応色ボタンの連打)

★どっからきたんだ雷攻撃【Amp Overload】
(これにより流れてくる楽譜が激しく点滅しみづらくなってしまうので、タイミングがずれてミス連発になる。しかし、何度かやって慣れてくるとこれはそんなに痛くはない…私も…そして相手も(汗))

★俺は左利き攻撃【The Lefty/Righty Flip】
(色ボタンが左右反転し、めちゃくちゃになる。相手はともかく、これをやられると私はたちまちヤバくなる恐怖の一撃)

★オラオラ!弾いてみろよ攻撃【Difficulty Up】
(その時点で弾いている難易度が一段階(連続で受けると二段階)アップし、とまどっているうちに負けてしまうと言う痛い攻撃。EASYでやっていてNORMALになってもさほど痛くないが、NORMALでやっていてHARDになると地獄)

★あれ(涙)音が出ないよ攻撃【Whammy Bar】
(色ボタン全部操作不能にする一番痛い攻撃。ギターについているトレモロバーを素早く操作する事で脱出できるが、ギターソロの時にやられると一気に負け確定である。反面、相手にもかなり有効で、相手のソロ時にやると一気にヤバくなってくれる。)

★ダブルで行こう!攻撃【Double Notes】
(弾く音(押さなければいけない音)が全て和音(2個同時押し)に変化する。一番効果が薄く、またやられてもあまり痛くない攻撃)

★盗人攻撃【Power-Up Steal】
(貯めている相手の上記のお邪魔ボールを盗める。相手が何も持っていない場合はなくなるだけ。あまり頻度が高くない上に存在感の薄いお邪魔ボール^^;)

★「ごめん、死んで」攻撃【Death Drain】
(サドンデスモードでしか出現しないが、これがでたらもう終わり。THE END(笑)相手のROCKメーターを減少させ一気に勝敗が決まる。)

(注※攻撃の名前は全て私が勝手に考えたジョークです。本当の名前は【】)

これらをうまくかわし、又、相手に送り込み、相手のROCKメーター(上記写真右下のガソリンスタンドにあるめーたーみたいなやつ)を赤く点滅させて勝ちを奪い取るのである。

EASYモード、NORMALモード その途中にあるバトルを終えると、漸く中級者気分になれる^^ 私はここになるまで2週間以上かかってしまった;
そして更なる高見を目指そうと、HARDモードに突入し、ここで最後の難関に激突することになる。たった一色、押すボタンが増えただけなのに、今までとは比べものにならんくらい難易度が急上昇するのだ。
その理由は、指の数。

押す場所は5個。指4本(親指は使用しないので)

いったいどうしろと?

今まで、どうにかこうにか指がつりそうになりながらも4本を操っていたのに、それが5個になるとどっかの指がボタン2色分を請け負うことになるわけだ。小指はなかなか小回りがきかないので、必然的に薬指か中指が犠牲になる事が多い。
もちろん小指が器用(?)な人は小指で2色でもいっこうに問題はないが…。
そして悲しい事に、私はまだこの最後の難関を越えられていない(泣)
あせればあせるほどに間違い、ギターの音色がいっさい響かないままにゲームオーバー^^;
まだまだ練習しないといかんね。全く。
超絶うまい人になると、こんな曲もいけるようになるらしい。
ユーチューブで最初にこの動画をみたときは、感動した!神の領域!!
気になるかたはコチラ凄いよね↓


http://jp.youtube.com/watch?v=lO9L5O3NIws


そんな私が最近はまっているのが、オンラインモード。PS3ならでは(PS2は対応していない)のネットモードで、ギターヒーロー3を所持しているプレイヤーと一緒にセッションしたり、BATTLEをしたり出来るのである。ここで勝つにはやはり練習アルのみだが、NORMALくらいを弾けるなら、結構楽しめる。

BATTLE(お邪魔ボールを使った戦い)
FACE-OFF(互いに好きな難易度を選択し、何小節かを交互に弾きながら最終点数を競う。1.3.5.7曲の種類がある)
PRO-FACE-OFF(一曲全部を弾き、相手と点数を競い合う1.3.5.7曲の種類がある)
CO-OP(セッション。戦いではなく仲良く弾いて遊ぶ)

これのFACE-OFF3曲or5曲バージョンで楽しんでいる。
3曲バージョンの場合は相手と自分お互い1曲ずつ得意な曲を出し、最後の一曲はランダムでどちらかが選択できる仕組み。5曲バージョンでは互いに選べる曲が2曲になり、あとは3曲と同じ。7曲は選べるのが3曲に(ry

ちなみに私が愛用しているのはこのキャラ(笑)






どことなくヒッピー臭のするおっさん(お兄さんか??)で、刺繍入りベルボトムがいかしてるvv
このキャラを使っていて、尚かつ選択した曲が【PEARL JAMのEven Flow】【DISTURBEDのStricken】【SUPERBUSのRadio Song】【RAGE AGAINST THE MACHINEのBulls on Parade】のどれかだったら、私である可能性高いかも(苦笑)
ギターヒーロー3持ってる人、一緒にオンラインしないかい?(笑)

熱く語りすぎて、かなり疲れてきた…orz


ROCK万歳!!!


もっと色々書きたいこともあるが、ここまで読んでくれた貴重な方へ(いるのか!?)どうしても伝えたいことが!!このゲームのバンドのボーカル…








どうみても妖怪です。
有り難う御座いました。

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP