鈍色のすたるじぃ

Home > ブログ > ゲームの話 > 勝手にバイオハザード祭2

勝手にバイオハザード祭2

性懲りもなく、第二弾の祭りに突入。
「勝手にバイオハザード祭」でチラリと書いたように、
本日はちょっぴり増えたバイオコレクションを紹介。
前の記事でもお知らせした初のフルCG90分映画『バイオハザードディジェネレーション』だが、
行くかどうか怪しいというのに、前売りチケットを買ってしまった。

これ、劇場に直接に買いに行かなければイケナイので、かなり面倒(汗)
といっても現実買いに行ったのは、仕事場が近い彼なので、ワタクシは文句を言ってただけ^^:
だって、日本全国の中で【新宿ピカデリー】【梅田ブルク7】【ミッドランドスクエアシネマ】
でしか販売していないのだ。(公開するのもこの3館)全くもって、ファンを馬鹿にしている!

北海道の人とか、九州の人とか、どうすりゃいいってんだ。
せめて各都道府県1館ぐらいは公開してもバチあたらんだろう。
別に前売りチケットなくても、観られるのだが、どうしても前売りが欲しかった理由がある。
それはコレ↓

「何?このガラクタ!」なんていっちゃいやん。
つけどころに迷うインクリボン型ストラップだ。
確かに、写真でも薄々わかる通り、チャチな作りである。
バイオハザードのインクリボンじゃなければ、ゴミ箱行きも免れないような代物。

インクリボンというのはゲームバイオハザードの初代からの歴代アイテムであり、
セーブする時はこれを使ってセーブするというお決まりなのである。
アイテムを使ってセーブするのだから、必然的にセーブ回数が限られてくる。
チキンな私はセーブ回数が尋常じゃないため、回数が限られるこのシステムに、
文句タラタラ(笑)いやなシステムだなぁと思っていた物の、
バイオハザード4ではこのシステムはなくなり、
無限にセーブ可能なシステムに変わってしまった。
人間あまのじゃく。なければないで、少し寂しくなった物である。

そんな思い出深いインクリボンのストラップが、前売りのみについてくるというのだから、
これは観ても観なくても買うしかない!

数に限りがあると書いてあったのでドキドキしたが、発売から少したって
買いに行ったけど、まだ全然あるっぽかったので、欲しいファンはまだ間に合うかも。

それにしても映画館のお姉さん、二種類あると勘違いして買いに行った彼に、
「すみません。今はもう一色しか残ってないです〜(><)」
と言ったそうで、帰宅するなり彼が「一色しか買えなかった(涙)」と(´・ω・`)ガッカリ・・・
いやいやいや、最初から一種類ですから。
勘違いした彼も、映画館のお姉さんも、ちゃんと情報確認してから行こう(苦笑)

さて、前置きが長くなったが(長すぎ)本日のコレクション第二弾は、
レオンとクラウザーのフィギアである。
他にもチェーンソー男、クラウザー変身後バージョンの二つが発売されているのだが、
趣味に使える資金が底をついたため(つд・)やむおえず断念。

今回のフィギア
【サイズが大きい・作りが細かい・値段が高い】の三拍子揃ったフィギアである。
色々フィギアを持ってはいるが、今の所一番大きいサイズになる。
↓こんな感じ↓ (画像クリックで大きい画面が見られます)


  



お菓子についていたレオンフィギアとは雲泥の差。

もうこれ、お菓子のバージョンはレオンでもなんでもないからね。
ただの塊だから。
プラスチックの塊。
溶けたチャッキーと大差ない。

今回のは、さすがに細部も作り込まれ、着ている服の素材も本物っぽい使用である。
しかし!顔は60点。
雰囲気は似ているが、よく見るとあまりレオンに似ていない…orz
アクション映画によくいるエキストラの外人レベルである。
それに比べて、クラウザーはかなり似ている。
顔の傷も、目つきの悪さも、そっくり。
こちらは90点を献上してもいい。

やはり、ゲーム画面の3Dでもフィギアにしちゃうと顔違っちゃうのかね^^;
そう考えると、下記のフィギアって凄い………。
映画ランド・オブ・ザ・デッドのキャラ

これぐらいのクオリティでバイオハザードも頑張って欲しい物である。
今後に期待。

気まぐれ「勝手にバイオハザード祭」次回はゾンビ映画レヴュー予定。
もはや、バイオハザードでもなんでもないという件。

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP